越谷市のほーむず動物病院|犬、猫、ウサギ、ハムスター、小鳥の診察

  • phone call
  • menubtn
mainphoto

2018.12.13

冬に多いネコちゃんの病気

 冬になるとネコちゃんに増えるトラブルがあります。ぼうこう炎(下部泌尿器疾患)です。体質とお食事内容などによりますが、おしっこに砂状の結晶ができてぼうこうを傷つける病気です。男の子の場合、尿道に結晶や白血球のかたまりがつまり、尿道閉塞を起こすことがあります。完全に詰まってしまうと急激に腎臓がこわれ、3日間完全につまったままだと、死亡します。トイレに何回も行ったり、便秘かなと思うような症状が出たら要注意。すぐ、動物病院に連れて行きましょう。

2014.05.08

時間外の急患は、しっかり診ていただける病院へ

 夜など病院が閉まっているときにペットが急に病気になっちゃった。朝まで待てない。こういうときは、どうしたらよいでしょうか?

 埼玉県では、現在複数の病院で夜間診療が受けられます。スタッフがそろった状態でしっかり診ていただける病院もあります。このトピックスの別記に夜間しっかり診ていただける病院をご紹介しています。

 

 まずは、診療予約の電話をしましょう。電話をする際には動物の状態を正確に伝えましょう。動物種、年齢、性別、体重、いつからどういう状態になっているのか、簡潔にお話ししましょう。ふだん飲んでいるお薬などがある場合、そのお薬や処方された時のお薬袋などお薬の内容がわかるものを持っていきましょう。

 電話をせず、直接動物病院に行った場合、そこの先生が対応できないと、他の病院を探すために相当な時間がかかってしまいます。また、もし対応ができたとしても、診察の準備に時間がかかり、無駄な時間を過ごすことになります。電話をして、状況を伝えてから、家を出れば、来院するまでの間に病院側も受け入れの準備が整い、最短の時間で診察することができます。どの病院に行く場合でも電話は必要です。

 なお、昼間の時間外も同様です。多くの病院では、昼間の通常「お昼休み」といわれている時間帯に手術を行います。いきなり連れて行っても、獣医師が手術していて診察できない場合があるため、必ず電話で確認をして下さい。

 当院では、スタッフがいないため、夜間、休診日の診察時間外の急患の受入れはできません。スタッフのそろっている病院へかかっていただくことをお勧めいたします。

2018.10.01

夜間救急診療していただける動物病院のご紹介

夜間診療体制の整っている動物病院をご紹介いたします。

 

1.どうぶつの総合病院 夜間救急部

 TEL:048-229-7299 時間:午後5時から午前1時

 川口市石神815(国道298号線交差点から国道122号線下り方面道路沿い)

 

2.動物夜間救急医療センター(日本小動物医療センター内)

 TEL:04-2946-7313 時間:午後9時から午前5時まで

 所沢市東所沢和田1-10-4

(2018年7月に武蔵野線東所沢駅近くに移転)

 

3.夜間救急動物病院 さいたま大宮  ※夜間救急一次診療中心

 TEL:048-788-3966 時間:午後9時から午前1時まで

 さいたま市西区三橋5-254-4 神田ビル1F

 

4.動物救急センター練馬

 TEL:03-6913-4160 時間:24時間

 東京都練馬区谷原2-1-25

 

5.動物救急センター文京

 TEL:03-3830-0889 時間:24時間

 東京都文京区白山1-37-11白山カトウビル1F

 

6.埼玉動物医療センター

 TEL:04-2935-2100 時間:緊急時のみ24時間可

 入間市狭山台118

 

いずれの病院も電話をかけて、診察の予約をお願いいたします。

犬猫以外のペットは、診察できない場合が多いです。

 

2016.09.19

駐車場のご案内

 駐車場は、当院前3台と 当院南側「第1スミレパーキング」のNo.1、2、4,5、6、21(注:3番は違います)の6台と 松田整形外科さん前の「あさひ駐車場」のNo.9~12の4台の計13台となっております。病院前以外は、いずれも「ほーむず動物病院」の看板を駐車場1台1台の後方に立ててあります。その看板のある場所に駐車して下さい。それ以外の場所には駐車しないで下さい。詳しい場所は、ご来院の際、受付にお尋ね下さい。

2018.10.19

温度差にご注意

秋が深くなり始める季節になりました。暑くなることは少なくなってきますが、急に寒くなることが多くなり、寒暖差が大きくなりがちです。寒暖差は、幼い子、老齢な子、あるいは病気を持っている子にとっては、体調を崩しやすい原因になります。エアコンなどをうまく利用して、一定の温度になるようにしてあげてください。犬猫は23~28℃ぐらい、ウサギは20~25℃ぐらい、ハムスターなどの小型の哺乳類、小鳥などは25~30℃ぐらいがいいです。実際に動物がいるところの温度を測定し、調節してあげてください。