越谷市のほーむず動物病院|犬、猫、ウサギ、ハムスター、小鳥の診察

お問い合わせはこちら TEL:048-969-0250 診察時間 9:00-12:00,16:00-19:00 日・祝の午後の診療は 15:00~17:00まで

お知らせ

お知らせ一覧

5月、6月の休診のお知らせ

 5月:7日(火)、14日(火)、19日(日)、21日(火)、28日(火)

 6月:4日(火)、11日(火)、16日(日)、18日(火)、25日(火)

土日祝は、お時間に余裕をもってご来院ください。

 5月は、ワンちゃんたちの予防シーズンが始まり、混雑しやすくなっております。特に土曜・日曜・祝日は、お待たせする時間が長くなっております。誠に申し訳ございませんが、お時間に余裕をもってご来院ください。

 

混合ワクチンやフィラリア検査をされる方は、予約もできます。平日・土曜日は午後3時頃から、日曜は午後2時頃から。この他の予約時間もございます。詳しくはお電話でお問い合わせください。

 

 また、いつも処方されている持病のお薬を希望される場合は、前日までにお電話いただけると、お待ちいただく時間が少なくおだしできます。

 

 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

フィラリア・ノミ・マダニ予防が始まっています

 春本番。暖かくなり、昆虫類も活発に活動が始まっています。

 ノミ・マダニも散歩でつく時期になっています。特に越谷はマダニが多く発生しています。怖い病気を移されることもあります。しっかり予防をしましょう。

 フィラリア予防は、蚊が活動し始めてから、1か月後から予防が始まります。4月末あるいは5月初旬から、フィラリア予防を始めましょう。

 当院では、それぞれいろいろな形の予防薬が選べます。効能や剤型、長所や短所などわかりやすくご説明いたします。お気軽にご相談ください。今一番の人気は、フィラリア予防とノミ・マダニ予防が一緒になったおいしいおやつタイプの食べるお薬です。お散歩に行く子はぜひ使ってみてください。

5月25日(土)ユカ先生不在のお知らせ

 ユカ先生不在の予定は、

 

 5月25日(土)  です。

 

 ユカ先生は、子供の用事などで突然不在になることが多いです。

 ユカ先生ご希望の方は、事前にお電話でご確認ください。

 特に皮膚科疾患の方は、お気をつけください。

 

 また、獣医ユカ先生不在の場合、院長一人での診察になるため、お待ちいただく時間が長くなることもあります。ご了承ください。

5月26日(日)午後、院長不在のお知らせ

 院長不在の日程は以下のようになります。

 

 5月26日(日)午後、

 6月5日(水)午後は、不在になります。

 

  当院では、犬猫以外の診察は、院長が行っております。

 院長不在の場合、犬猫以外の診察はお受けできません。

 犬猫以外の動物の診察をご希望の方は、当日に電話で院長がいることを「必ず」ご確認ください。

春の健康診断キャンペーンを実施中です。

 ワンちゃん、ネコちゃんを対象に血液検査による春の健康診断キャンペーンを実施しています。

 腎臓、肝臓、すい臓などの外から見えないところをチェックします。

 追加オプションで、「心臓疾患」、「腎臓疾患」の早期発見、「甲状腺疾患」のチェックもできます。

 ぜひ、この機会に健康チェックをしてみましょう。

時間外の急患は、しっかり診ていただける病院へ

 夜など病院が閉まっているときにペットが急に病気になっちゃった。朝まで待てない。こういうときは、どうしたらよいでしょうか?

 埼玉県では、現在複数の病院で夜間診療が受けられます。スタッフがそろった状態でしっかり診ていただける病院もあります。このトピックスの別記に夜間しっかり診ていただける病院をご紹介しています。

 

 まずは、診療予約の電話をしましょう。電話をする際には動物の状態を正確に伝えましょう。動物種、年齢、性別、体重、いつからどういう状態になっているのか、簡潔にお話ししましょう。ふだん飲んでいるお薬などがある場合、そのお薬や処方された時のお薬袋などお薬の内容がわかるものを持っていきましょう。

 電話をせず、直接動物病院に行った場合、そこの先生が対応できないと、他の病院を探すために相当な時間がかかってしまいます。また、もし対応ができたとしても、診察の準備に時間がかかり、無駄な時間を過ごすことになります。電話をして、状況を伝えてから、家を出れば、来院するまでの間に病院側も受け入れの準備が整い、最短の時間で診察することができます。どの病院に行く場合でも電話は必要です。

 なお、昼間の時間外も同様です。多くの病院では、昼間の通常「お昼休み」といわれている時間帯に手術を行います。いきなり連れて行っても、獣医師が手術していて診察できない場合があるため、必ず電話で確認をして下さい。

 当院では、スタッフがいないため、夜間、休診日の診察時間外の急患の受入れはできません。スタッフのそろっている病院へかかっていただくことをお勧めいたします。

夜間救急診療していただける動物病院のご紹介

夜間診療体制の整っている動物病院をご紹介いたします。

 

1.どうぶつの総合病院 夜間救急部

 TEL:048-229-7299 時間:午後5時から午前1時

 川口市石神815(国道298号線交差点から国道122号線下り方面道路沿い)

 

2.動物夜間救急医療センター(日本小動物医療センター内)

 TEL:04-2946-7313 時間:午後9時から午前5時まで

 所沢市東所沢和田1-10-4

(2018年7月に武蔵野線東所沢駅近くに移転)

 

3.夜間救急動物病院 さいたま大宮  ※夜間救急一次診療中心

 TEL:048-788-3966 時間:午後9時から午前1時まで

 さいたま市西区三橋5-254-4 神田ビル1F

 

4.動物救急センター練馬

 TEL:03-6913-4160 時間:24時間

 東京都練馬区谷原2-1-25

 

5.動物救急センター文京

 TEL:03-3830-0889 時間:24時間

 東京都文京区白山1-37-11白山カトウビル1F

 

6.埼玉動物医療センター

 TEL:04-2935-2100 時間:緊急時のみ24時間可

 入間市狭山台118

 

いずれの病院も電話をかけて、診察の予約をお願いいたします。

犬猫以外のペットは、診察できない場合が多いです。

 

ノミとマダニ予防をしましょう

 ノミとマダニの活動が活発になってくる季節が始まっています。ノミとマダニ予防をしましょう。特に草や芝の生えている場所(道ばたのちょっとした草も油断ができません)にお散歩するワンちゃんや外にお出かけするネコさんは体につかないうちに予防しましょう。

 ノミを連れて帰ってくると、おうちで大繁殖します。人も知らない間に刺されて、1週間ぐらいかゆみが取れないなんてこともあります。退治は本当に大変です(当院院長体験済み!)。予防が楽ちんです。

 また、マダニは本人が気づかないうちに感染し、気づかないうちに離れていきます。寄生虫やウイルスを気づかないうちに感染させてしまいます。予防をしておけばその心配はなくなります。

 ノミとマダニ両方をやっつけるお薬があります。

 皮膚表面に垂らすお薬と飲むお薬など数種類あります。それぞれ長所短所があります。獣医師の説明をしっかり受けて、納得してお選びください。

 通販などでも売られているお薬もありますが、できるだけかかりつけの動物病院でご購入ください。

 

駐車場のご案内

 駐車場は、当院前3台と 当院南側「第1スミレパーキング」のNo.1、2、4,5、6、21(注:3番は違います)の6台と 松田整形外科さん前の「あさひ駐車場」のNo.9~12の4台の計13台となっております。病院前以外は、いずれも「ほーむず動物病院」の看板を駐車場1台1台の後方に立ててあります。その看板のある場所に駐車して下さい。それ以外の場所には駐車しないで下さい。詳しい場所は、ご来院の際、受付にお尋ね下さい。

PAGE TOP